フレンド歯科|鹿児島市桜ヶ丘

カテゴリ : 時事放談

 アメリカのドイツメルケル首相の携帯電話盗聴が話題になってます。アメリカは、一般市民や主要国の盗聴も当たり前のようです。ところでオバマ大統領の進めているいわゆるオバマケアは、アメリカ版国民皆保険のようなもので、日本のようなすばらしい保険制度を持ち合わせていないため、個人が任意の保険に入るという状態です。その結果、日本に比べてアメリカの医療費は3倍位だと言われてます。ひどくなってから病院にかかることが主な原因です。オバマケアは、確かに初期投資はかかるかもしれませんが、長い目でみたら医療費抑制になるようです。何より国民の健康増進につながると思います。なんでも自己責任、自由な国アメリカらしい考えと言えば考えです。しかし、盗聴が自由というのは、どこかのアジアの言論の自由さえない国みたいですね。

 徳田たけし現在までは衆議院議員が、公職選挙法違反で東京地検特捜部から捜査を受けています。組織ぐるみだそうです。税金の優遇を受けている特定医療法人である徳州会が、身内で営利をむさぼり、金で票を買う行為は、至極本末転倒です。もともとこの徳田たけしなる人物は、鹿児島高校から帝京大学中退、名ばかりのアメリカの大学に籍を置き、医者でもないため、担ぎ上げられて、国会議員にでもなるかみたいな男で、突如争っていた自民党に自己保身のために寝返ったすばらしい経歴の持ち主です。おまけに最近、19歳の女性を泥酔させレイプし、民事裁判の結果数千万を払った過去が暴かれました。そのお金も、税金の優遇を受けている特定医療法人からの調達でしょう。しかし、こんな男を結果として当選させてしまった鹿児島2区の有権者も反省すべき点が皆無とはいえないでしょう。いずれにせよ、早晩なく、連座制で国会議員失職、5年以内の鹿児島2区での立候補禁止になるでしょう。できたら公民権停止の罰をうけてもらいたいです。真面目に額に汗をかき働いている多くの
国民をあまりにも侮辱した事件です。勧善懲悪を希望します。

 東京電力福島原発の汚染水のタンクからの漏れが問題になってきています。汚染水の貯蔵を急ぐばかりに、タンクを簡便なつくりにしたことが大きな原因のようです。何事もそうですが、失敗を犯した後や訂正修正しないといけない事態が生じた時その対応をしっかりしないと、火に油を注ぐことになり、結果的により複雑で難しい問題になってしまう事があります。今この汚染水のタンクからの流出問題は、国内ばかりでなく国際問題、国際的に非難されるに値する懸案事項になってきています。9月7日未明(日本時間)に決定するオリンピック開催地にも悪影響を及ぼさなければと思います。

  いよいよ参議院選挙が告示されました。アベノミクス、tpp、憲法改正、消費税、年金、外交など多くの争点があるような気がします。たとえば党がtpp参加の方針を打ち出しているのに、候補者が地元でtpp反対のようなことを言ったり、沖縄の普天間基地移設も、党は辺野古移設と言っているのに、候補者が地元に帰れば基地の県外移設を唱えるといった様子が見受けられます。こう言う候補者は、民主主義をご都合主義でもてあそんでいる様にしか見えません。結局は、党の方針通りに事が運び、この候補者は、自分なりに努力したが、力及ばずでした、みたいなコメントを出し、この候補者の当選という結果だけが残り、有権者はだまされたに等しいことになるも時すでに遅し。政治屋のほうが一枚上手という図式は、もう何度も見てきました。これって、国民が馬鹿なのか、政治屋がずる賢いのか?大切な選挙です、よく見極めて1票を投じたいと思います。
 

  アベノミクスによる金融緩和と日銀に2%のインフレ目標の設定をさせるという強い安部内閣主導により、一段の円安と株高が進んでいます。デフレの主因は、日銀による誤った金融政策とそれに断固とした対策を打てなっかた政治にあると言われています。結果がすべて。動かなかったものが、いとも簡単に今動き始めています。経済だけでなく様々な問題に対し、日本再生が始まりだしました。

このページのトップヘ