先日広告等に露出の多い歯科医院で、矯正をしている中学生の親子が相談に来られました。小学低学年から床矯正をすすめられ、挙句の果ては床矯正では対応できないから今度ワイヤー矯正をしましょうと言われたとのこと。上顎は、床矯正の影響か歯に必要以上の隙間があり、いわゆる出っ歯で、何のために5,6年も床矯正をしたのでしょう?お金(30万?)も時間もすべて無駄です。しかしまだ吸い取ろうという考えです。話を聞くと医院ぐるみでやっているようです。マスコミに露出が多かったり、sns対策に精力を注いでいるので、一般人は信じてしまうのも無理はないかもしれません。ワハハと笑いごとでは済まされません。