フレンド歯科|鹿児島市桜ヶ丘

2013年11月

先日入れ歯が痛いという患者さんが来られました。入れ歯を調整し痛みがとれました。患者さんが言われた一言が印象的でした。「魔法みたい」。痛かった入れ歯が快適になったことへの表現だと思います。患者さんの暖かいことばが何より私たちに元気を与えてくれる魔法のことばです。

 サッカーワールドカップ出場国がすべて決まりました。どの国も強そうです。日本も調子を上げてきています。何としてでも、予選リーグを突破して、決勝トーナメントにすすんでもらいたいです。来年は、ソチオリンピックやサッカーワールドカップなど、スポーツのビッグイベントが盛り沢山です。国を挙げて盛り上がりたいですね。

 最近下顎にインプラントを入れた患者さんから、入れ歯に比べてとっても楽で咬みやすいとの評価を頂きました。もう少し前にしとけば良かったとも言われてました。また、最近インプラントの手術をした患者さんから、45分くらいで終わったら、「えっ、もう終わったの、ぜんぜんどうもなかった」という声を頂きました。もちろんその患者さんも、今のところ順調です。何事も経験に勝るものはないですね。究極の治療のモットーは、早く、きれいに、正確にです。
手術時間も短く、うまくいけば、患者さん負担は軽減されますし、矯正治療も、痛くなく早く歯を並べることができたら、患者さんのQOLにとってもたいへん重要だと思います。

 最近各地で偽装の嵐が吹き荒れてます。高級ホテル、ミシュランで星を獲得したレストラン、料亭。誤表示などと、目先をかわすような表現を使う連中もいますが、基本は偽装でしょう。日本人の言葉に対するイメージをたくみに利用していると思います。<山田農園のシャキシャキ野菜サラダ熟成生ハム添え>と<生ハムの野菜サラダ>どっちが美味しく聞こえるか?<獲れたて鳴門海峡天然鯛のカルパッチョ、信州完熟トマト添え>と<トマトと鯛のカルパッチョ>どっちが美味しく聞こえるか?熱処理したり加工した食材は、一般人には産地とかまで判別しにくいと思いますが、人間って、暗示や雰囲気やイメージに惑わされますね。

 先日大学の同窓会がありました。5年に1回行われます。みんなどうにかこうにかがんばっているようで、自分も気分一新がんばろうと思いました。大学時代は、バブルまっさかりで、みんな元気だったなー。

このページのトップヘ